過払い金とは


金融機関やクレジットカード会社、サラ金などから借金をすると、返す際には利息をつけて返済しなければいけません。お金を借りているため、利息が発生するのは当たり前のことですが、複数の金融機関からお金を借りたり、利息の返済だけで苦しくなっているという人もいるでしょう。

利息現在、貸金業者からお金を借りる際に発生する利息は「利息制限法」という法律によって上限が定められています。しかし、長い間借金の返済を行っている人の中には利息制限法の上限を超える利息を支払っているケースがあり、こうした余分に払っているお金のことを「過払い金」と呼びます。過払い金は本来は支払う必要がないお金になるため、もし過払い金がある場合にはそれを貸金業者から返還してもらうことが可能になります。

過払い金が返還されることによって借金の返済ができるだけでなく、過払い金が多かった場合には借金を完済して、更に自分の手元にお金が戻ってくるケースもあります。また、既に借金を完済してしまった人でも過払い金がある場合には返還請求をすることも可能です。

過払い金の返還請求をする際には、取引終了から原則10年という請求期限があるため注意が必要です。長らく借金の返済をしている、利息制限法を越える利息を払っている気がするなど、心当たりがある人は早めに調べてみることが重要です。