無料相談を利用する


貸金業者に過払い金の請求をしようと思っても、実際にどれだけの金額を多く支払っているのかわからなくて困っているという人もいるのではないでしょうか。まずは、自分がどれだけの過払い金を支払っているのか調べることが重要になるので、こうした時には法律のプロである弁護士を頼ってみることをお勧めします。

相談弁護士に依頼するとなると、相談料などを取られてしまうのではないかと心配になってしまいますが、過払い金があるかどうか、また金額はどれくらいかを無料で診断してくれる法律事務所も多くあります。弁護士費用のことが気になる時には、無料相談を利用してみましょう。もし診断をして、過払い金が無かった場合やあっても少額の場合には診断内容を見て依頼するかどうか判断できるところもあるため便利です。

借金の金額がわからない場合や契約書が残っていない場合でも、貸金業者と取引期間がわかれば調べてもらうことができ、弁護士事務所と貸金業者が書類でやり取りを行うので立会いなども不要でお任せしてしまうことができます

過払い金があった場合には返還請求をすれば借金の返済にあてることができるだけでなく、完済できたり手元にお金が残る可能性もあります。まずは無料相談サービスや無料診断を行っているところで相談してみることを検討してみてはいかがでしょうか。

関連リンク_過払い金無料診断|弁護士法人アディーレ

過払い金とは


金融機関やクレジットカード会社、サラ金などから借金をすると、返す際には利息をつけて返済しなければいけません。お金を借りているため、利息が発生するのは当たり前のことですが、複数の金融機関からお金を借りたり、利息の返済だけで苦しくなっているという人もいるでしょう。

利息現在、貸金業者からお金を借りる際に発生する利息は「利息制限法」という法律によって上限が定められています。しかし、長い間借金の返済を行っている人の中には利息制限法の上限を超える利息を支払っているケースがあり、こうした余分に払っているお金のことを「過払い金」と呼びます。過払い金は本来は支払う必要がないお金になるため、もし過払い金がある場合にはそれを貸金業者から返還してもらうことが可能になります。

過払い金が返還されることによって借金の返済ができるだけでなく、過払い金が多かった場合には借金を完済して、更に自分の手元にお金が戻ってくるケースもあります。また、既に借金を完済してしまった人でも過払い金がある場合には返還請求をすることも可能です。

過払い金の返還請求をする際には、取引終了から原則10年という請求期限があるため注意が必要です。長らく借金の返済をしている、利息制限法を越える利息を払っている気がするなど、心当たりがある人は早めに調べてみることが重要です。

弁護士の役割


民事事件法律の専門家である弁護士の仕事というと、テレビドラマのような法廷で検事や裁判官を相手に、数々の証拠を提示しながら被告人の無罪や減刑を訴えるといったイメージを持つ人は少なくないでしょう。しかし、実際にドラマのように刑法上の犯罪を対象とした「刑事事件」を扱う弁護士の数は少なく、人と人や、人と法人との間で起こるいさかいを調整したり、時には裁判によって解決へと導く「民事事件」を担当する弁護士のほうが圧倒的に多いです。例えば、離婚調停や相続問題、残業代の未払いなどが民事事件に当たります

当事者同士での話し合いでは解決することができない問題を抱え、弁護士に間に入ってもらいたいと考えている人もいるかと思います。民事事件で弁護士を依頼する場合、まずは弁護士が依頼者の話を聞いて、事実関係の確認を行うところから始めます。

しかし、弁護士に相談をする際には相談料もかかるだろうし、依頼するお金が心配だという人も多いでしょう。特に、借金の問題を抱えている人にとってはなかなか相談まで踏み切りにくいかと思います。また、借金の返済は既に終わっているものの、もしかしたら利息を払い過ぎていたのではないかと心当たりがあっても、回収できるかわからないと悩んでいる人もいるでしょう。

当サイトはローンやキャッシングによる借金で、余分に返してしまっていたお金を請求するにはどのようにしたらよいか紹介しているサイトです。弁護士に頼む時に気になる点などについても触れているので参考にしてみてはいかがでしょうか。