弁護士の役割


民事事件法律の専門家である弁護士の仕事というと、テレビドラマのような法廷で検事や裁判官を相手に、数々の証拠を提示しながら被告人の無罪や減刑を訴えるといったイメージを持つ人は少なくないでしょう。しかし、実際にドラマのように刑法上の犯罪を対象とした「刑事事件」を扱う弁護士の数は少なく、人と人や、人と法人との間で起こるいさかいを調整したり、時には裁判によって解決へと導く「民事事件」を担当する弁護士のほうが圧倒的に多いです。例えば、離婚調停や相続問題、残業代の未払いなどが民事事件に当たります

当事者同士での話し合いでは解決することができない問題を抱え、弁護士に間に入ってもらいたいと考えている人もいるかと思います。民事事件で弁護士を依頼する場合、まずは弁護士が依頼者の話を聞いて、事実関係の確認を行うところから始めます。

しかし、弁護士に相談をする際には相談料もかかるだろうし、依頼するお金が心配だという人も多いでしょう。特に、借金の問題を抱えている人にとってはなかなか相談まで踏み切りにくいかと思います。また、借金の返済は既に終わっているものの、もしかしたら利息を払い過ぎていたのではないかと心当たりがあっても、回収できるかわからないと悩んでいる人もいるでしょう。

当サイトはローンやキャッシングによる借金で、余分に返してしまっていたお金を請求するにはどのようにしたらよいか紹介しているサイトです。弁護士に頼む時に気になる点などについても触れているので参考にしてみてはいかがでしょうか。